NPO法人大雪山自然学校 荒井 一洋

携わった実績のある地域

居住地

  • 北海道

自己紹介

1977年生まれ。札幌市出身。ニュージーランド・Lincoln Universityでは、国立公園管理と自然保全を専攻し、北海道大学大学院・観光創造専攻では「エコツアーのコスト構造とシャドーワークに関する研究」を行った。
2000年に自然体験活動を推進するNPO法人ねおすに参画。
2001年から北海道東川町にて「大雪山自然学校」を設立し、エコツアーや子供自然体験活動を実施するとともに、大雪山国立公園・旭岳エリアの自然保護対策事業を受託し「利用者による環境保全の仕組みづくり」に取り組んでいる。
また、2018年4月から保育園事業として「森のようちえん キトキト」を開園し、子供から大人まで自然体験活動ができる環境を整えている。

経歴

東川町教育委員
旭川福祉専門学校 評議員
合同会社北海道観光まちづくりセンター 業務執行社員
Asian Ecotourism Network 理事
NPO法人日本エコツーリズムセンター 理事
北海道アドベンチャートラベル協議会 会長
スローフードフレンズ北海道 共同代表
一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校 理事

実績

NPO法人日本エコツーリズムセンター理事、アジアエコツーリズムネットワーク理事として、GSTC(持続可能な観光の国際認証制度)の公認トレーナーとなり、持続可能な観光の日本への普及に努めている。また、北海道アドベンチャートラベル協議会長の活動をとおして、アウトドア観光を手法にした持続可能な地域づくりに取り組んでいる。
(保有資格)
・北海道アウトドアガイド「マスターガイド」(自然ガイド)
・GSTC公認トレーナー
・Travelife公認検査員
・Green Destinations公認コーチ