近江大坂屋 伊村 睦男

携わった実績のある地域

居住地

  • 京都府

自己紹介

国内外のネットワークが豊富で、「人と人」「企業と企業」「地域と地域」を繋ぐこと(=コネクト)を得意にしています。社会貢献度や公共性の高いビジネスを主に手がけており、モットーは「cool head but warm heart」

近江大坂屋(天明4年創業)代表、経産省認定支援機関、中小企業診断士、6次産業化プランナー、コミュニティビジネスコーディネーター、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員 

経歴

三菱商事でサーモン事業の投融資に従事。日本でサーモンの寿司ネタ化に成功する。
その後、米国・穀物メジャー・カーギル社等外資系企業に勤務。
東京都杉並区立NPO支援センター事務局長などを経て、現在はフードビジネスを中心としたM&A による事業承継や、アグリビジネス進出支援、フードツーリズムによる地域活性化、マスコミ関係の社外ブレイン等を務める。家庭教師のトライで大学受験生専門の英語・国語のプロ講師。 

実績

沖縄県の初代6次産業化プランナーとしてアグリツーリズム案件に多く携わり、京都、滋賀などの関西や沖縄を中心にビジネスの手法で地域を活性化するコミュニティビジネスを実践している。